tasukeLサポーター研究所最新情報

「サポーター文化遺産」候補第一弾


「サポーター文化遺産」制定へ候補第一弾の一覧表を作成しました。今後も候補を充実し、写真を収集したのちに発表いたします。
スクリーンショット 2018-09-27 22.49.24

Jリーグが開幕して四半世紀が経ちました。サポーターは様々な経験をし、クラブ、スポンサー、行政、関係者は多くの取り組みをして来ました。その記録は各所に残されています。昨今の情報社会の発展で、その多くを検索して閲覧することが出来ていました。しかし、多種多様な情報がネット上に氾濫することにより検索は難易度を高め、最近では1990年代の情報をネットブラウザーから閲覧することは困難となっています。

「サポーター文化遺産」の制定にご協力ください!

そこで、Jリーグ25年間の歩みを「サポーター文化遺産」として定めることを考えました。趣旨は以下のようになっています。

●スポーツを愛する人、全体のための遺産として記憶、記録に残すことが重要であるとの観点から情報を一覧化する。

●サポーター視点で、2002年12月31日以前のサッカーを中心としたスポーツ文化発展を物語る痕跡といえる場所を「サポーター文化遺産」として抽出する。

●情報は以下で構成する。それを電子書籍化する。
・名称 ・住所 ・特徴/役割 ・写真(現在および過去)

例えば、このようになります。

・名称 ワールドスポーツカフェ
・住所 渋谷区 渋谷1丁目16−9 渋谷KIビル
・特徴/役割 飲食店でサッカーを見て楽しむスタイルを本格的に日本に導入した飲食店。開店した1998年当時は日本にはアイリッシュパブがほとんど存在しなかったため、このような「スポーツカフェ」が注目を集めた。流行の最先端だったこともあり、この大型飲食店ではファッション感度の高いサポーターが働き、のちにJリーグの運営責任者となる者も現れた。

IMG_1275