tasukeLサポーター研究所最新情報

「応援するクラブの悪いプレーへのブーイング」の効果は「チャントでの飛び跳ね」と近い評価


2015年のJリーグはまだ開幕していないが、浦和レッズはブーイングに揺れた。ACLグループリーグ第2節でブリスベン・ロアーに0-1で敗れ連敗。サポーターからはハーフタイムにブーイングが飛んだ。

さて、サポーターはブーイングについて、どのように考えているのだろう。ブーイングへの批判がネット上では散見する。また、Jリーグのクラブの中にはブーイングをサポーターが行わないことを望んでいるかのような情報発信をしているクラブもある。

 

インターネット調査 有効回答数245 2015年2月18日〜3月7日
アンケートサイトへの任意の回答者 tasukeLサポーター研究所調べ

 

応援するクラブの目の前の勝利のために効果がある行為だと思いますか?

応援するクラブの悪いプレーへのブーイング

スクリーンショット 2015-03-07 0.23.22

 

チャントでの飛び跳ね

スクリーンショット 2015-03-07 0.23.58

いずれも「とても効果がある」「やや効果がある」の合計が約40%。応援するクラブの悪いプレーへのブーイングとチャントでの飛び跳ねは同様に効果があると考えられている。「応援するクラブの選手の悪いプレーへのブーイング」は「逆効果」という回答は27.8%。「効果」「逆効果」の差は大きいとは言えないがブーイングを否定的に捉えていない「どちらともいえない」が32.2%の回答となっていることから、「応援するクラブの選手の悪いプレーへのブーイング」を「悪」と捉えるのには無理があるようだ。